2006 ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
USA & Me Vol.2 1980
vol.1 からのつづき.....

en28376.jpg

晴れて学生ビザを取得し
なんのしがらみも未練もなく
とうとう日本を後にする日が来た
同年代のみんなは成人式でなに着るか~
なんて盛り上がっているのを後目に
独り羽田発サンフランシスコ行きの片道チケットと
バックパック1個.....
& その頃ブレ~クしてた Sony の Walkman を手にテイクオフ
どこまでもつづく東京の夜の灯を見下ろしながら
バイバ~イ!夢が現実!
Wakman 機内で大ウケ.....
なんとなく優越感.....単純だから*

en37268.jpg

サンフランシスコは快晴
ひとりバスにのりダウンタウンへ
ユニオン・スクエァーから歩いて5分
出発前に予約していた長期滞在型格安ホテルへ
古い建物の一室は出窓とスチームヒーター
オ~!サンフランシスコ!
まるで映画の中に入り込んだような
なぜか独りニヤニヤ満足
しかしこの宿なぜか男ばかり.....
流行ってたのはヴィレッジシンガーズ
サンフランシスコのダウンタウンは
あの憧れのヒッピー文化の姿は薄れ
ゲイ文化のメッカになっていた.....
まいっか.....安いし.....単純だから*

en42678.jpg

さてアメリカの生活がとうとう始まった
筋向かいのデリにサンドイッチをゲットしに.....
しかしオバちゃんの言ってる言葉はチンプンカンプン
現実問題だ~.....英語わかんね~
目的地のアラバマの学校までまだ2ヶ月
どうにかしてコミュニケイションをとれるようにならないと
どっか安く英語でも教えてくれる場所はないものか?
留学を手伝ってくれる代理店みたいのがあったので相談をしに.....
ありました*歩いていける所に.....
クラスにはフランス人の女の子が2人
朝からデリにサンドイッチ
オバちゃんの言うこともなんか解るようになって来た
夜は英語のクラスそしてその後フランス人の娘達と街を徘徊
そんな生活が一ヶ月続いたある日
東京で出逢ったサクラメントに住むアメリカ人ディーンに電話する
彼が言うにはアラバマ行きまでの1ヶ月間
彼の家に居ていいという
ポケットの経済状況そして24時間英語オンリーの生活
ありがたい*翌日には宿をチェックアウト
いざ!サクラメントへ!.....単純だから*
20才の春

en38276.jpg

Vol.3 へつづく.....





スポンサーサイト
別窓 | USA and me | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<6・23(火)地球の上・一 @ Private Lodge | Thoughts of Dragon | 明日 6・11(水)は チャリティー!>>
この記事のコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-07-01 Wed 08:43 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Thoughts of Dragon |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。