2006 ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ナイノアさんが言ってました。。
IMG_3940.jpg


さて、ホクレア号、ハワイでの記者会見も終え、ミクロネシア、そしてその後ヤポネシア(日本)に向け2007/1/6に出港予定!

日本にいると、日本国内の航海ばかりが気になりますが、ホクレア号のミクロネシアまでの航海は非常に意味のあるものみたいです。ヤポネシアにとっても。

ホクレア号の最初のナビゲーターであり、ミクロネシアのカロリン諸島サタワル島にすむマウ・ピアイルグさんのもとへ、大洋航海カヌー ' Maisu 号 ' を贈るための航海。
マウさんは、現ホクレア号のナビゲーター、ナイノア・トンプソンさんの師でもあります。このマウさんが伝統航海術をナイノアさんに託し次の世代に残した事は、我々ヤポネシアンにとっても重大な意味があるのです。
なぜなら、ここヤポネシアは太平洋文化圏?の西の端。日本の縄文前期の土器と同じものが、太平洋の東の端南米エクアドルで出土してるということは、ヤポネシアにも忘れ去ってしまった伝統航海術があったはずっということになるからです。
だから ' Maisu 号 ' は、単なるギフトではなく将来のヤポネシアンにとっても重要なことなのです。

しかし日本の現状は、原発推進等、間違った国の政策と狭い部屋で企画されたテレビのニュースと番組に支配され、自分達自身も含む我々のルーツは太平洋の西の端にどうやって住んできたのかなんて話題にもならず、教科書通りの歴史だけで、大人になればその教科書の歴史も忘れ去られた歴史となり。。。便利というその場の満足のみ。

ホクレア号とミクロネシアに贈られる ' Maisu 号 ' の太平洋で生まれた伝統航海術を継承するための航海、ハワイとマウさんの島からも何人か参加するそうです。
世代交代の日も近いのかも。

ナイノアさんが言ってました、この複雑でわかりにくい21世紀を生き抜くためにも。。。
大切な航海、なんです。

太平洋の西のヤポネシアンの21世紀のためにも。

桑名晴子さんと Chasin' Dragon がお送りするイベント,’ホクレア号を迎えよう’ on 12/5 in 熊本 @ Sakagura もよろしく!

Hokulea1205_1.jpg




スポンサーサイト
別窓 | Hokule'a | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11/24~26/06 Chasin'Dragon Yokohama-Yokosuka | Thoughts of Dragon | 11/18&19/06 森の妖精まつり&ナミさんまつり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Thoughts of Dragon |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。