2006 ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
自然力発電開発*!
926.jpg
Photo from 田名埠頭 現状報告はRadioActiveまで*

自然力発電のための燃料費は......
.....限りなく0円に近いはず

それに比べ九州電力玄海原子力発電所3号機で使用する
プルサーマル用のウラン・プルトニウム混合酸化物
MOX燃料16体の輸入額は.....
.....約139億円

通常のウラン燃料は2~3億円
MOX 燃料はその4~6・5倍.....
参照.....

長崎原爆に使用された爆弾はプラトニウム型
地震国日本には危険すぎるような
今年フランスから輸入した65体のMOX燃料
225個の原爆が出来るとか.....
参照.....

CO2の削減?.....自然力発電では?
放射能と超高温水の排出.....原発近海の人を含む生態系?
あまりやばい化石燃料は抱え込まない方が.....
それも大枚はたいてお得意様にならなくても.....
プラトニウム大国なんてかっちょ悪い

できることなら原子力開発より
自然力発電の開発を選びたい*!
もっと大勢の人に気づきと勇気在る行動を*!
お願いします世論と政策転換

原子力開発.....古くさい
自然力開発.....新しい未来*!
スポンサーサイト
別窓 | STOP NUKE US | コメント:0 | トラックバック:0 |
地震国ニッポン
ec18927.jpg

地震の度に気になるのが原子力発電所
電力の1/3をこの原子力でまかなう地震国ニッポン.....
充分な安全性とか耐震性とか原発推進派の先生たちはいうけれど
もしもの時は先生達.....どうする?

地震がくる度何らかの問題
利権が絡んでいるのは分かるけど
やはり地震の多いここ日本列島に
原発は合わないでしょう!

なんかあったらもう取り返しはつきません
どうみてもまだまだ実験中の原発
モルモット扱いの国民.....

買う電気は自然力発電で!
必要最低限の電気は自家発電で!






別窓 | STOP NUKE US | コメント:0 | トラックバック:0 |
ん~.....世界の一部 'JAPAN'
ajibro16254.jpg

Chasin' Dragon 6月は2つのイベントをやります
詳しくは Chasin' Dragon Blog まで

mon2_blog0001.jpg

ところで、
今回のフランスから日本までの MOX 燃料の輸送は国際的に考えるとどうだったんでしょう.....
身勝手なことやってますなぁ~
プラトニウム保有国,日本
以下は、知人の日記からの転載です

~*~

アメリカ領サモア選出米国下院議員のファレオマヴァエガ氏が200 9年3月18日、下院本会議にて提出したステートメントです。

ENI F.H. FALEOMAVAEGA米国下院議員による
南太平洋上における核廃棄物輸送を避難する特別声明
2009年 3月 18日
(日本語仮訳)

議長様
2009年3月6日、フランスのシェーンブルグ港からPacific Pintail 号と Pacific Heron号の二艘の船舶が日本に向けて出港しました。これらの専用船舶には合計約1.8トン(1800キログラム)のプルトニウム混合酸化物(MOX)燃料が積載されており、それは核兵器225個を製造可能な量であるとグリーンピースは伝えています。5月に日本に到着予定である本貨物は、喜望峰経由で南洋、オーストラリアとニュージーランド間のタスマン海、そして太平洋の南西部を移動することになっています。

この最新のMOX燃料輸送は、日本と欧州主要数カ国との間で行われている継続的なプロセスの一部です。それは日本が、通常自国の原子力発電所から取り出した使用済み燃料を欧州に送り、代わりに欧州からMOX燃料を受け取るというものです。使用済み核燃料に含まれる高レベル放射性物質からは「再処理」という課程を経て、プルトニウムとウラニウムが抽出されます。抽出されたプルトニウムと使用済み核燃料の大半はその発生源である国に最終的には返還されます。

今回のMOX燃料の輸送は、以前日本から欧州に輸送された約170回の使用済み核燃料に相次ぐ輸送です。過去最大規模である今回の輸送計画は、これまでと同じように、輸送ルート近隣諸国との事前協議も通知もなされないまま、内密の内に進められました。しかし、これらの船舶もしくは貨物がいかなる事故に遭遇しても、輸送ルート近隣諸国の環境と住民に壊滅的な結果をもたらしえます。さらに、海賊被害の危機が高まる現在、輸送されるプルトニウムMOX燃料はテロリストの手中に容易に入りうるのです。

このような不必要かつ不当な輸送は、原子力や核物質の使用が環境や関連する人々や生命にもたらす許されないリスクと悪影響を示す最新の例であります。これは主要数カ国による、他者の犠牲をよしとする帝国主義的な行動だといえます。

1995年、ムルロア諸島でのフランスの核実験に反対を表明するため、私は現フランス領ポリネシア大統領オスカー・テマル氏とともにグリーンピースのウォリアー号に乗船しました。当時、世界が全く関心を示さない中、就任したばかりのジャック・シラク・フランス大統領は、世界の核実験のモラトリアムを破って、太平洋・タヒチに位置するムルロア環礁とファンガタウファ環礁で8つの核爆弾を爆発させました。シラク大統領は、傷の上に侮辱を加えるかたちで、核爆発は生態系環境に何ら影響ないと宣言しました。

歴史が示す通り、フランス政府は過去30年間にタヒチのムルロア環礁とファンガタウファ環礁で約218発の核爆弾を爆発させています。推定では約1万人のタヒチ人がフランスの核実験によって極度の核放射能にさらされたと言われています。

我々の米国政府もまた、南太平洋における暗い核実験の歴史に荷担しています。
マーシャル諸島における米国の核実験が、フランスによる太平洋諸島の核実験場利用への道筋をつくったという議論もあるでしょう。1946年から1958年までの間に、米国はマーシャル諸島で66発の核兵器を爆発させており、その中には、広島に落とされた原爆の1000倍の威力を持つ最初の水爆「ブラボー」も含まれています。米国による最大の核爆発として知られる「ブラボー」は6つの島を壊滅させ、直径25メートルのキノコ雲を発生させました。マーシャル諸島で行われた実験での爆発量を計算すると、広島型原爆1.7発分を12年間毎日爆発させ続けたことになると言われています。

マーシャル諸島を脅かした破壊の脅威はこれほどまでのものだったのです。米国の核実験計画は近隣環境と生態系の完全なる破壊に加え、マーシャル諸島の人々の健康に深刻な影響をもたらし、何世代にもわたる遺伝子異常を引き起こしました。

議長、世界が未来世代のエネルギー資源について困難な決定に直面するという人類史上重要な段階である今こそ、我々は過去から学ばねばなりません。

私は先般、オバマ大統領がネバダ州のユッカマウンテンにおける核廃棄物貯蔵に対して下した決断に希望を感じています。ユッカマウンテン計画への資金を絶つことでオバマ大統領は公約を守りました。しかし、それ以上に重要なこととして大統領は、いかに国内の核廃棄物を移動させ貯蔵するのか?という議論を再燃させました。

大統領による先般の決断を理解するにあたり、私は大統領が上院議員で会った2007年にラスベガスレビュー誌にこのように記していたことを思い起こしました「どの州も、他の州からの廃棄物を抱え込まさせられるべきではない」。更に「どの州も、その州にとって道理にかなう形で、中間貯蔵に関する方針を立てる機会を与えられるべきである」と。

上記の意見から、オバマ大統領によるユッカマウンテン計画への資金提供廃止という決断は、核廃棄物や核物質の貯蔵や輸送のリスクと危険性を強調していると推察することもできます。

議長、私は核廃棄物や核物質に対する国際的な扱いにも同様の枠組みが適用されるべきだと信じます。各国は自国の中間貯蔵を行う責任を有し、核廃棄物や核物質を他国の海域や領海上で輸送することを避けるべきです。

私は国際社会が海と環境、沿岸部や島嶼国の経済と住民の保護を保証する合意に達するまでは、全ての核燃料、核廃棄物の国際的な輸送に対してモラトリアムを設けることを支持します。この合意には、あらゆる危険物質、放射性物質の輸送前における輸送ルート近隣諸国への事前通知と協議の実施、環境影響評価の実施、そしてテロリストからの攻撃に対して、十分な責任・保証メカニズムと保護を含んでいなければなりません。

このような仕組みが実施されるまでは、欧州、日本そして全ての核保有国は自国の核物質と核廃棄物を自国内で貯蔵し、他の生命を危険にさらすべきではないのです。



ajibro26178.jpg





別窓 | STOP NUKE US | コメント:0 | トラックバック:0 |
MOX in Japan
ab19287.jpg

フランスから輸入した MOX燃料を積んだ輸送船が御前崎に入港
浜岡原子力発電所への搬入が始まった

今秋から玄海、伊方、浜岡の原発でプルサーマル発電が開始される予定
Oh No.....

未来の人々は過去の我々に
なんて愚かな事を.....っと.....

何かうまく言い包められている原子力政策
おかしいと気づいてる人は相当数居るのに
意見が反映されないこのバビロン

堂々と国民投票で決めましょう
自然共存型エネルギーか原子力か
マスコミもしがらみどころではありません
我々の純粋な未来の行く末を思えばの事
もっと話題になってもいいのでは.....
エネルギー先進国を見習おう

輸入した猛毒は半永久的に.....

知らぬ間にエネルギー依存症にされてしまった現代人
気づきましょう
この暴走は.....止められるはず

ab26357.jpg







別窓 | STOP NUKE US | コメント:2 | トラックバック:1 |
おねげ~しますだ!
e182779.jpg


佐賀県玄海原発3号機で今秋実施される計画が進むプルサーマル計画
その中止を求めて、佐賀県知事に署名を届けます

インターネットからの署名を
コチラから
ぜひともおねげ~しますだ!
別窓 | STOP NUKE US | コメント:0 | トラックバック:0 |
STOP NUKE US ~ プルサーマル
enu18276.jpg

知らず知らずのうちに
どんどん進んで行く
原子力発電計画
地上最悪の毒物燃料.....
国民に対して充分な説明もなく
大丈夫大丈夫と問題事は後世代へツケ.....

MOX燃料で現存する原子力発電所をパワーアップする
プルサーマル計画

佐賀の北,福岡市の西
玄海町の原子力発電所は
まさに今プルサーマル化されようとしている
最悪のケースでは大都市福岡は.....
見えない放射能
九州,中国地方へも.....オ~怖っ
放射能には県境も国境もない
風は吹き海は流れる

egu28376.jpg

電気の必要な我々
原子力に将来を託していいのか?
ウランに明日はない!
自然パワーの未来へ!
自分達の使う電気だから自分達でもっと考えましょう!
このまま放っといたらやばいっす.....

っということで
佐賀で人文字つくってアピ~ルします
熊本,福岡,山口.....日本、世界
ぜひともの参加を
この日は仕事休みます
子供達にとって大切なことなので.....

Chasin ' Dragon はライブで参加します
Hummin' Bird も出店します

詳細はコチラ(Imagine No MOX)

enu38227.jpg

別窓 | STOP NUKE US | コメント:0 | トラックバック:0 |
STOP NUKE US ~ 放射能
eg19287.jpg

祝島の眼前
山口県の上関田ノ浦
豊な自然の残る浜は
発電所の建設の為の埋め立てが始まろうとしている
大切な海を緑化しなければならないこの時代
生命の源 浜と海

既に発電所のある佐賀の玄海
玄海地震も記憶に新しい中
フランスから輸入するMOX燃料によって
プルサーマル化でパワーアップ
大都市福岡の未来は
最悪の場合ここ熊本も

国政は国内に50基以上現在する原発のうち
3分の1程度のプルサーマル実現を掲げるらしい
この地に将来消えることない史上最悪の毒物を抱え込むことになる

eg23635.jpg

周りに居る仲間達は危機感をもって
それぞれ行動をしている
っが.....まだまだこの列島に住む
ほとんどの人々は気づいていても無関心
電気という便利なエネルギーに振り回される
放射能と共存?したくね~
自然パワーでの発電こそ未来へのパッセージ

eg35624.jpg

原子力で発電するか
それとも自然パワーで発電するか
太陽,風.....
放射能汚染には県境も国境もない
浜を持つ町、県、国だけで決められる問題だろうか?
いつの間にか知らないところで原子力化になっているが
ここいらで もっとこの政策に疑問をもって!
まず個人個人で答えを出さないと
化石燃料は、地上の生物にとって
古い考えの利権でしかない
もうみんな解ってるはずなのに
YES or NO
答えはどっちだ!

eg345365.jpg

別窓 | STOP NUKE US | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Thoughts of Dragon |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。